5047

Circular Yokohama エディター/事業開発

募集内容

横浜のサーキュラーエコノミーを一緒に盛り上げてくれる方を募集しています。

WHY

SDGs未来都市・横浜にも、解決すべき課題がたくさんある

人口370万人を誇る、東京に次ぐ人口の大都市、横浜。SDG未来都市にも選定されている横浜は、Zero Carbon Yokohama、ブルーカーボン事業など気候変動対策に向けた先進的な取り組みを多数展開しており、東京から少しだけ離れた「イノベーション出島」として、みなとみらい・関内エリアを中心に企業のオープンイノベーション拠点としても注目を集めています。

そうした華やかなイメージが先行する一方で、横浜市も少子高齢化の影響により2020年からは人口減少が始まると言われており、空き家問題や介護問題など、他の地方都市と同様の地域課題も数多く抱えています。こうした課題を解決し、地域に新たな雇用を生み出しながら、インクルーシブな形で横浜の経済を活性化するべく、ハーチ株式会社では2020年1月から新たに「Circular Yokohama」という事業をスタートしています。

WHAT

Circular Yokohama、何をするの?

Circular Yokohamaは、サーキュラーエコノミーの視点から横浜の地域課題を解決し、雇用とイノベーションを創出するためのメディアプラットフォーム事業です。まずは横浜市内のサーキュラーエコノミープロジェクトの可視化し、そのうえでサーキュラーエコノミー体験商品や市民参加型のサーキュラーエコノミープロジェクトを創出、再びそれをメディアを通じて国内外へ発信するというサイクルをつくることで、横浜のサーキュラーエコノミーを加速させることを目指しています。

HOW

つながり、つくり、みんなで楽しむ

Circular Yokohamaは、地域密着型の事業です。横浜市内で活用する事業者、NPOや、市民と企業、市内各地で活動しているリビングラボの皆様とも連携し、対話を重ねながら、一つ一つプロジェクトを進めていきます。横浜で活動している人々とのつながりを大事にし、そのつながりを力に変えて新たなプロジェクトや事業をつくりだし、それによってみんなで恩恵を受けるという、サーキュラーな事業モデルを目指しています。

ローカルな環境の中で、多様なステークホルダーのひとたちとともに議論を重ねながら、サーキュラーエコノミーの視点から横浜というまちとそこで暮らす人々が持つポテンシャルを引き出し、形に変えていくのがCircular Yokohamaの役割です。地域の取り組みを取材して発信したいライターやエディター、横浜でサーキュラーな事業を展開したい起業家、会社員、NPO、アーティスト、大学生など、様々な人を探しています。ぜひ横浜を舞台にして新たな循環型イノベーションのつくり手になりませんか?

募集要項

職種名 Circular Yokohama / エディター or 事業開発担当
仕事内容 Circular Yokohama のエディター or 事業開発担当として、プロジェクトの取材・広報に加えてプロジェクトやイベントの企画・運営・実行、提携先との交渉など、幅広い実務をお任せします。
必要な経験・能力
  • サーキュラーエコノミー・地方創生領域への興味・関心
  • 多様な人と関わるのが好きな人
こんな方は歓迎します
  • 事業開発・商品・サービス開発経験
  • イベント・ワークショップ・研修・体験商品の企画・運営経験
  • 英語力(実務レベル)
雇用形態 プロボノ/業務委託/正社員
給与・報酬 希望を考慮の上決定いたします。
勤務地 雇用形態により異なる。希望を考慮の上決定いたします。※ 地方・海外への出張や一時滞在に柔軟に対応できる方を歓迎。
勤務時間 週10時間・月40時間以上稼働~応相談
備考 担当プロジェクトは経験や希望に応じてアサインされます。

応募・相談はこちら

少しでも興味をお持ちの方、まずは話を聞いてみたい方は下記よりお気軽にご連絡下さい。

※件名で【採用に関するお問い合わせ】を選択のうえ、お問い合わせ内容欄にご自身の簡単な経歴と、「Circular Yokohamaのエディター/事業開発」にご興味を持っていただいた旨をご記入ください。